英語は聞き流しでは覚えられない

最近、「聞き流すだけで〜」っていう英語教材を良く目にします。
でも実際、聞き流すだけで英語って覚えられるんでしょうか。

耳が慣れるとか頭に残るという意味では確かに多少なりとも
効果はあると思いますけど、いざ英語を話す場面になったら
言葉が出てこないんじゃないかと思います。

しかも頭に残っても短期間で忘れてしまう気がするんですよね。
英語を生涯、身に付ける・話せるようになるのが目的なら
長期的に記憶できないと意味ないです。

そう考えると七田式の英語教材は理にかなっていますね。
「聞いて口に出す」
聞くだけじゃなくて口に出す事で英会話フレーズを覚える。
この勉強法だと繰り返していけば長期間、記憶する事が出来ます。

実践された人達の七田式英語の口コミ・評判を見ても
教材を一時中断して再開しても一度覚えたところは忘れていなかった
という声をよく見ます。

七田式自体、元は記憶力メソッドが特徴ですしね。
それを英会話フレーズ記憶という勉強法へと進化させたものが
最近、売れまくっている七田式英語教材「7+English」ってことになります。

ちなみに七田式の勉強法、嬉しい副作用で英語が話せるようになるだけじゃなく
記憶力自体の向上も見込めるとか。

記憶力が上がれば、より英語学習に効果が出て〜と
好循環になるみたいです。

これも七田式英語教材が売れている理由の一つでしょう。 TOPへ
posted by ペース at 16:35 | 学習・自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英会話の覚え方色々

英会話の覚え方ってのは実に様々ですね。

英会話教室にしてみても通常の教室以外にオンライン英会話なんてのが
浸透しています。
独学で学ぶとなると英語教材や参考書といったものが主流でしょう。

中でも英語教材は沢山ありますが、最近売れているものといえば
「聞き流すだけで覚えられる」というもの。

ただ、本当に聞き流すだけで口から英語が〜みたいなことは難しいです。
ヒアリングって意味じゃ役立つとは思いますけどね。

実際に英会話を習得するなら、聴くだけではなく自らも
口に出して話さないと身に付かないかと。

これは英会話に限った話じゃなく、どんな事でも言えるでしょう。
例えば、野球やサッカー、テニス、スノボなんかのスポーツも
本やDVDを観て学習するだけじゃダメですよね。

しっかりと実践しないと身体で覚える事が出来ません。

口に出して話す。
英会話を学ぶなら、この点は非常に重要です。

英会話教室などで会話の練習をするのが一番効果的かもしれませんが
お金が高いのがネック。

独学で学ぶなら口に出して話す事を重視・前提とした英語教材を
選ぶといいでしょうね。

私が見た中では七田式英語教材が、この点を踏まえていて興味深かったです。
フレーズを記憶するというシンプルでありながら効果的な学習法も
ユニークです。

TOPへ
posted by ペース at 16:33 | 学習・自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。